エーゲ海を望む。Aegean Sea

早朝のエーゲ海が見える。藍より濃い緑色の海に雲間を破って糸すじのような光線がさしていた。テッサロニケの街は今眠りからようやく覚めたように乳白色の霞を映している。

三人はフーと深くため息ついてその美しさに見とれていた。アレクサンダー大王の妹であるテッサロニケの名前からつけられた街だという。紀元前三世紀のことだそうだ。現在世界遺産となっっている。
 
“来たな”
 
”来てしまったな”ヒリキが言った。

 神絶対の一元文明から人間を主体とするヘレニズムを興したギリシャに来た。貧乏だったがどうにか食いつなぎながら、北欧でアルバイトし、がむしゃらに滞在した欧州の一年有余を想った。
 
”やれば出来るじゃないか。
 ゴジーが頷きながら二人の顔を見ていた。昨夜の口喧嘩のあと一人で真夜中を運転し続けたことを言ったのか、それともここまでの欧州での自分の経験を言ったのかどうでもいいことだった。ヴェニスで買った紺のビロードのジャケットとジーンズがとてもよく似合っていた。ヒリキは黙って、ただ美しい光景を脳裏に焼き付けているようだった。

 ”海岸まで行こう、ホテルなど後だ。”
 街を縦断した。
 
 ”なんて美しいんだ。”
 空気は乾いていて朝日がまぶしかった。

 海岸は砂浜ではなく船着き場が続いていた。車を無造作に道路わきに止めて歩きはじめた。そういえば昨日のソフィアでの夕食から何も口に入れていない。健康な食欲で腹がクーと鳴った。通りの名前はわすれたが、見事な海岸通りが街の涯まで続いていた。突然、海岸からすこし入った脇道からなんともいえない食欲をそそる匂いがする。
 
 ”何かな”三人が期待でニヤっとした。真っ白に壁を塗った料理屋から匂ってくる。
 
 ”おい、タベルナって書いてあるぜ、看板見てみろよ”
 
 ”タベルナで食べるのかよ”ヒリキ君が面白くない冗談をいった。
店屋の中を外から窓沿いに窺ってみた。
 
 ”あれ!もしかしたら、たこだよ、たこ焼いてるぜ”
 
 ”うそだろ、ヨーロッパじゃたこは怪奇でグロテスクで食べっこないよ”

 ”じゃーあれは何だよ?”
 
 皆で目を凝らした。小さなたこをまるのまま焼いていた。たまらず店屋になだれ込んだ。昼食用の準備をしているところだった。
 
 ”オーキー、オーキー”店屋のウェイターが呼び止めた。

 ”だめだ、だめだ、”まだ店屋は開いてない。
 <ギリシャ語ではイエスはネー、ノーはオーキーというらしい。>
 なんか反対の語感がするがすぐ覚えた。腕時計を見せて11時からだからあと一時間散歩でもして来い、らしいことを言った。
 
 ”ネー、ネー”といって、たこの焼けているほうを見て食べる真似をして見せた。たこはパーフェクトだった。食べる前に水で薄めると白濁するウイキョウの酒ウゾーを飲んだ。独特の味と鼻にぬけるウイキョウの香りが正面のエーゲ海の青さと軽い空気とよく合った。

 この種の酒にはアニスでつくるのとウイキョウでつくるのとがあるらしい。アニスの酒はアニゼットといって南仏に多い。アニスはギリシャ、小アジア一帯に自生するハーブで強い太陽のもとで生育する。古代エジプトではミーラの保存用にこのアニスとクミンが使われたと言う。

 現在では、日本でもハーブ園などで多く見ることが出来るし、自宅の庭でも生育を楽しむことができる。
 
 ギリシャ料理にどのようなものがあるのか分からず、注文したらカバブのような串焼きが出された。香辛料が強く利いていた。なにかヨーロッパとは違う香りが鼻からぬけていった。
 
 ギリシャは大学時代の私には、特別に因縁深かった。新約聖書を読みたくて古代ギリシャ語を学んだ。大学には古代ギリシャ語の講座があった。古代ギリシャ語はコイネーという。現代日常のギリシャ語とは全く違うもので(神は愛である)、(ホー テオス アガペ エスティン)などの世俗から離れた表現を勉強した。

 ギリシャ文字は今も昔も同じだから発音することができた。意味がわからずギリシャ語のメニューを声をだして読んでみるとほかの二人が感心したように私を見た。それよりウェイターが東洋人がギリシャ語を読むなんてという顔をしていた。一から十まではコイネーも一緒だった。エネス、デューオ、トレイス、テスアレス、レンテ、エクス、オクト、エネア、デカという。
 勘定をすませて店を出た。お腹が一杯で幸せだった。小さな子供達が学校の帰りか私達東洋人を見つけて珍しいのか、
 
 ”ヤサース、ヤサース” ハロー、ハローと叫んでいた。昔の自分達の子供時代を想った。昭和20年台半ばの自分達の幼年時代を想った。状況は全く違うがイメージが重なって見えた。(続く)
 
にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村
ぜひワンクリックしてください。私のランキングに貢献をおねがい!



 tessalonikeギリシャ