オフエリアが川の中に浮かんで流れてゆく。
人生がながれてゆく。だれも止められない人生の時間が。
人との出会いは一瞬で川の流れの柵で出会って目と目を合わせて手と手を
握り唇を合わせては過ぎて行くまぼろしのようだ。
時間を共にすることができたのは幸福だった。もう誰とも会えない
後ろから私を呼ぶ声がする。私の名前覚えてる?
バラ色の日々はもう帰ってこない。