最近日韓関係の悪化についての論評が目につく。文在寅が大統領になって以来韓国からの反日活動が次から次へと繰り出された。慰安婦、レーダー照射、徴用工、Gsomia破棄の手継早の反日政策が採られた。
一方日本は半導体産業に不可欠な部品の韓国への輸出管理を名目に優遇国待遇を解いた。韓国では日本製品不買運動、ボイコット、韓国からの観光の抑制という現象となって露呈している。

小生も現役時、韓国に日本プロ野球の放送権契約の不払いで約2億円の損害を被った。韓国には日本に金を払う奴は馬鹿のやることだという精神が染み込んでいると後からいわれた。1910年朝鮮を併合。朝鮮は属国ではなく日本の領土となった。日本語が教育され、朝鮮人も日本人として徴兵の対象になった。

それから第二次世界大戦に敗れた日本は無条件で海外の領土を全て失う。おりしも1954年北朝鮮が韓国に攻め込む。米国が国連軍を盾に北に対抗し38度を境に南北朝鮮体制となる。

その後の冷戦の関係が悪化。米国、韓国、日本は互いに深い同盟国となり東アジアのバランスをとりつつあった

米韓の関係にもヒビが入ってきている。