高齢者を狙う新型肺炎ウイルス
 中国武漢に発生した新型肺炎は別名(老人殺しウイルス)でもある。2020年2月1日現在感染者は世界で1万人を超え230人が死亡した。その多くが持病を持つ高齢者である。若年層が感染しても重症化する確率は低く子供も感染しにくい。要するに老人を襲うウイルスであり人口動態を正す為に生まれたウイルスではとも巷間言われる。小生もCOPD持病を有する。歳も74歳感染すれば重症化しやすい。
 2025年問題といわれ2025年には団塊世代が後期高齢者となる。国家予算のうち社会保障費が占める割合が増えこのままでは様々な点で困難が生じる。ここで多くの老人が死亡すればこの問題が少し解決に向かうのではというわけである。
 なるほどとは思うが自分がと思うとやり切れない。